告知:近畿大学福岡キャンパス公開講座で話をします

もう今週ですが、いちおう告知しておきます。
講演というか公開講座ですが、福岡に来て、一般の方の前ではじめて話をします。

ご縁のあった方、ぜひご来場ください。
終わってからはしばらく時間がありますので、ぜひ声をおかけください。

==============================

===
平成25年度 近畿大学 福岡キャンパス公開講座のご案内
第95回 e-ZUKA TRY VALLEY 産学官交流研究会(ニーズ会)
=================================

飯塚市では、新産業創出ビジョンにおいて「人と産業が集まり成長する
まち」を目指し、様々な事業に取り組んでいます。
その事業のひとつである「e-ZUKAトライバレー産学官交流研究会
(ニーズ会)」は、地域における産学官関係者が気軽に参加できる定期的
な交流の場を提供し、参加者相互の懇親を深め、地域の産学官連携を活発
化することを目的として開催しています。
第95回目となります今回は、近畿大学飯塚キャンパスにおいて、「次
世代バイオエネルギー」、「未利用資源の活用」という2つのテーマによ
る公開講座となります。
当日は学園祭「第47回 柏の森祭」も開催されていますので、ぜひ
お気軽にご参加ください。

■日時 平成25年10月26日(土) 13:00~15:30
■会場 近畿大学産業理工学部 1号館1101教室
(飯塚市柏の森11番地6/TEL 0948-22-5655)
■プログラム
*1時限目 13:00-14:00
【テーマ】「次世代バイオ革命:バイオコークスが拓く未来のエネルギー」

【講師】近畿大学 理工学部 准教授 井田 民男 氏

【概要】持続かつ再生可能な次世代バイオエネルギーとは?この難題に
答えを見つけることは、人類が自然と共生しながら暮らすために
は、必要不可欠である。ではその答えは、どこにあるのか?自然
エネルギーの中でも最有力候補がバイオエネルギーである。ここ
では、橋を造ったり、自動車を造ったりするのに必要な石炭コー
クス(固体化石資源)の代替となるバイオコークスについて、紹
介する。バイオコークスは、すべての植物から形成することがで
きる食糧と競合しない未利用バイオマス資源から作られる次世代
固形バイオエネルギーである。地球環境保全の観点からは、二酸
化炭素削減や酸性雨抑制へ貢献する優れた利点を持っており、国
産エネルギー技術として期待される。

*2時限目 14:30-15:30
【テーマ】「ごみからはじめる未利用資源の活用」

【講師】近畿大学 産業理工学部 教授 坂田 裕輔 氏

【概要】ごみを燃やして埋め立ててしまうだけでは、費用がかかるだけで
社会のやっかいものです。しかし、ごみの処理体制を見直すと、
利用できる資源が眠っていることに気がつきます。ごみの発生量
そのものを減らすことで、廃棄物処理の費用が節約できます。
また、分別によって活用できるようになる資源や用途と発生量の
バランスが悪いために活用できない資源があります。これらの活
用方法が生まれるようなしくみ作りが大切です。ごみは、所有者
が不要あると判断して廃棄したもののことです。そのため、ごみ
として排出されていない不要物や、使用される予定がなく死蔵さ
れているものも社会に多く眠っています。これらの未利用資源を
活用するためには、制度、資金、人材などの多くの資源が必要と
なります。これらを有効に活用することで、直接的な費用の削減
だけではなく、社会全体の活力を高めることも考えることができ
ます。
■参加費 無料
■申込方法
電 話・・・申込先の電話番号にご連絡ください。
メール・・・氏名、住所(郵便番号)、電話番号を申込先メール
アドレスに送信してください。
※当日受付も行ないますので、お気軽にご参加ください。
■申込締切 10月25日(金)
■主催 近畿大学産業理工学部(福岡キャンパス)
■後援 e-ZUKAトライバレー産学官交流研究会事務局
(嘉飯桂産業振興協議会、(公財)飯塚研究開発機構、飯塚市)
■申し込み・お問い合わせ先
近畿大学産業理工学部(福岡キャンパス)公開講座係
電話 0948-22-5655
E-mail koukai2013@fuk.kindai.ac.jp


3 comments

  • Pingback: 近畿大学産業理工学部公開講座 | 「筑豊ゼミ」(筑豊ムラおこし・地域づくりゼミナール)

  • 菊川清

    今日の公開講座、久し振りに?かみ合う質疑応答もあり、結構楽しませて頂きました。
    退職後お世話になっているNPO法人(会長は荒川学部長です)は、地域づくり団体ですので、
    今日の話は特に興味深く聞かせて頂きました。
    アイデアとリーダー、是が生まれる契機は何なんでしょうね。
    一度ゆっくりお話を伺いたいですね。
    私自身は化学屋で、荒川さんと一緒に教科書を書いた時、ごみ問題に首を突っ込んだ程度の知識で、他人の話を紹介するぐらいの知識しかありません。

    また、「産業連関表はなかなか強力」も興味深く読ませて頂きました。
    一度、NPO法人住学協同機構筑豊地域づくりセンターの例会でお話頂きたいですね。
    今後のご活躍を期待しています。

    • admin

      本日は話を聞いてくださってありがとうございました。
      今日は筑豊の皆さんへの自己紹介のような気持ちで話をさせていただきました。
      その分、かなり緊張してしまいました。

      アイデアは、失敗する数なのかなあと思っています。

      リーダーは分からないですねえ。突然変異なのかと思っています。
      そういう意味では、外部から人材がたくさん入る地域は面白い人が出る可能性が高いのかもしれません。

      結局、どちらも確率の当たりが出たかどうかなのか?と思ってしまうのですが、それでは研究にも政策にもならないなあと、頭を悩ませています。
      例会にお招きいただく機会をいただければ、その際にでも、菊川先生のご意見も伺いたいと思っております.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です