Macの親指シフトでorgモード

親指シフトに切り替えて、1年になります。

ローマ字入力と比べると、たしかにキーを打つ数が減って手首が楽です。

ただし、右手が少し窮屈で、「かな」キーを押しながら「YHN」を押すのが少々苦しいものがあります。
まあ、しょうがないかなと思っていたのですが、こちらでorz配列というものを配布していて、これが親指シフトの配列を一列右にずらすというもの。
4月からこれに取り組んでいます。

ただ、英文字を入力することも多いので、右にひとつずらすといっても、ホームポジションまでずらしてしまうと、なんだか気持ち悪くてやってられません。
ホームポジションはそのままで、右手を覚え直すことにしました。

そうすると、こんどは、数字キーの配置が変わっているのが気持ち悪くなります。
7→6、8→7という風に一つづつずれています。
こちらはxmlファイルを直接編集してなおすことにしました。

といっても、今回は、orz_oya_roman.xmlとorz_ja_alphabet.xmlの該当部分をコメントアウトするだけです。
他にマニアックな設定もできるとは思いますが、しばらくこんなかんじで様子を見ることにします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です