Windows10は未来なのか?

Windows10のデモで、どんな画面もディスプレイにできるという技術が紹介されてる。(Buildでの発表内容に刺激されWindows Phoneを衝動買い

スマホを持ってたら、出先で画面さえあれば、それがそのままパソコンになるというもの。

なんかすごいなあ!と感動したけれど、これって講義やプレゼンでどういう風に使うの?と考えてみた。

 

近くにあるディスプレイを操作して、表示できるということは、他の人も同じことができるってこと。
例えば僕がこの技術を使って講義をしていたら、学生がいたずらで自分のスマホのゲーム画面を表示するようにしてしまうなんてこともできてしまう。
そうとう困るよなあ。

自分が使いたいときに他人が使うことを避けるとすれば、ディスプレイ側に認証の仕組みを作って、Bluetoothみたいに事前にペアリングしておくか、使うたびにパスワード入れるとかになりそう。
そのたびにディスプレイに触るかディスプレイのリモコンの操作する必要もある。

これって、けっこう手間で、言っているほど便利でも先進的でもない。
ケーブルが要らないのはいいことだけど。

たぶん、AirPlayとかChomeCastとか使えば、Androidのスマホの現状でもできるよね。

Windows10ではこのデバイスとディスプレイの認証の仕組みが劇的に使いやすくなってるってことなのかなあ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です