orzモードの英数字入力再び

さて、ようやく夏休み気分で仕事に集中できるようになりました。

大学の教員は夏休みが長いイメージがあるかもしれませんが、8月前半はほぼ採点や講義の振り返りでつぶれてしまいます。

9月の前半は後期の準備。

となると8月半ばから後半のみ、夏休みなんですが、うちのように子どもが小さいと、半ばは子どもの相手でですので、この1週間は、「遊び」です。
結局、研究に集中できる本当の「夏休み」は9月の後半の1週間前後しかありません。

というわけで、少し執筆を進めています。
その際、orzモードで少し気になることがあったので、修正しました。

以前の「日本語モードでのシフト英数入力でセンターキーを変更する」件です。

僕はアルファベットはやはりデフォルトのまま入力したいのですが、yhnは「」_に変更してもらえると、日本語を入力するときにとても楽です。

つまり、
普通の日本語入力:yhnは「」_
シフト日本語入力:ynnはYNN
となってほしいのです。

が、「シフト英数入力でセンターキーを変更する」を選択しないと、前者が変わらないのです。
でも、これを選択するとシフト日本語入力は「{}_」になってしまいます。

xmlファイルを見ると、どうもこれらがまとめて同じ場所で設定されていますので、今回はこれを修正して、修正提案を作者の大東様に送ってみました。

以下のような変更です。

# orz_ja_alphabet.xml

<item>
<name>日本語モードでの英数字 センターキー変更</name>
<appendix>6 &#8594; ¥</appendix>
<appendix>y &#8594; [ </appendix>
<appendix>h &#8594; ]</appendix>
<appendix>n &#8594; _</appendix>
<identifier>remap.orz_JAPANESE_6key_noshift</identifier>
<inputmode_only>JAPANESE</inputmode_only>

<!– Key6noshift –>
<!– <autogen>–KeyToKey– KeyCode::KEY_6 , ModifierFlag::NONE, KeyCode::JIS_YEN </autogen> –>
<autogen>–KeyToKey– KeyCode::Y , ModifierFlag::NONE, KeyCode::JIS_BRACKET_LEFT</autogen>
<autogen>–KeyToKey– KeyCode::H , ModifierFlag::NONE, KeyCode::JIS_BRACKET_RIGHT</autogen>
<autogen>–KeyToKey– KeyCode::N , ModifierFlag::NONE, KeyCode::JIS_UNDERSCORE</autogen>

</item>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です