書籍の読み放題サービスで「立ち読み」が復活

雑誌の読み放題サービスというのは少し前からありましたが、いつの間にか、一般書籍の読み放題サービスであるKindle Unlimitedも日本でサービスが始まっていました。

今日、使ってみることにして、さっそく目についた本を片っ端から購読してみました。10冊まで同時に購読?できるのかな。
とにかく、すぐには読みそうもないけど、ちょっと読んでみたい本も含めて購読しました。

Kindle Unlimitedは本物の立ち読み環境を提供してくれます。
気になる本の気になる部分を心ゆくまで読めるのです。
マンガはまだあんまり種類がないけど、こちらも読みたいだけ読めます。

30年ほど前は、本屋のマンガにビニールがかかってなくて、買わなくてもマンガをいくらでも読めたんですよね。
店主にはたきでパタパタされるなんてマンガの定番シーンでしたけど、実際にはそんなこともなかったし。

Kindle Unlimitedが出る前の電子書籍は、なか見検索とかいうサービスはあるものの、見たい場所をチェックできるわけでもありません。
書店に行くのがめんどうなら、もう、買うしかないわけです。
アマゾンだったら、プライムに入っていれば、翌日とかには届くから、ついつい、気になる本はかたっぱしから買う習慣がついてしまいます。

書籍の読み放題サービスのばあいには、わざわざ買わなくてもいいわけです。
必要な場所だけ読んで、もうあとはいらないなら買わなくてもいいし、手元に持っておく価値があるとか、ゆっくりメモしたいなら、買えばいい。
昔の立ち読みとちょうどおんなじ環境が自宅にいながら、電車で移動しながら可能になったわけです。

これで、月に980円って、そうとう安いと思います。
ぜひにって感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です