2 in 1スタイルのPCに求めるもの

Cube i7 bookを注文しましたが、それまでにはかなり紆余曲折ありました。

最近のPCの使用スタイルを見ると、PDFを読みながらペンでコメントを書き込むとか、フリーハンドでメモを書いて、論文の構想を練るとか、すごく便利なんですよね。
PCと仕事の関係を考えると、いくつかの段階があります。

書類作成
Wordなどを使って書類を作成することはもちろん多いですが、これ、わりとどんなPCでもできるんですよね。
それこそiPadにキーボードつけてもいい。

分析
R使ったり、エクセル使ったり、他の言語を使ったりです。
PCかMacじゃないとできない作業です。

構想
データや資料を見ながら、あーでもない、こーでもないと構想をねります。
基本、紙かホワイトボードを使うのですが、PC上でペンを使ってやると、考えた結果をどこでも見れるので、とても便利。
ディスプレイを2つつなげて、片方に構想をおいて、片方で執筆するととても作業がはかどります。
Macはできない。
PCは、対応しているものしかできない。
ディスプレイを縦置きにすると、ノートっぽくなって、考えがまとまりやすいです。
横置きにすると、発想の幅が広がるのかもなあと思いますが、僕は普段から、下へ下へと発想をつなげていくので、こちらが便利。

閲覧
PDFはリーダーがあれば、どれでも可。
縦置きできると、電子書籍はとても読みやすくなります。
電子書籍はKindleしか使ってませんが、これのWindows版のできが最悪。
両サイドに太い黒帯が出て、8インチ程度のディスプレイでは、使い物になりません。
11インチなら、それでも有効面積がそれなりにあって使えます。

と、こんなふうに考えると、ペン入力可能(=デジタイザ付き)で、11インチ以上の2 in 1スタイルで使えるWindowsマシンを使うと、普段の生活のかなりの部分を一台でまかなえそうです。
ここまでは、選択肢もかなり豊富なんですが、処理性能も重要です。
何台かatom製品を買いましたが、メモを見て、エクセルでグラフ作って、ワードに貼り付けて、とかすると遅くてストレスが地味にたまります。
できれば、core M以上と思ってたところに見つけた製品がCube i7でした。

実際にこれが使えないと、この記事は削除するかもしれませんけど。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です