英語キーボードに「変換」キーを追加する(ついでに親指シフト入力)

新しい2in1PCを買ったので、いろいろ設定中だ。

最低限のアプリは、MS OfficeとGoogle Chrome、notepad++。
オフィスはoffice365に登録しているので、2台までは利用できるから、新しいPCでオフィスを使うことにするなら、ボタン一発でインストールできる。

これに加えて必要なのが、キーボードのカスタマイズだ。
よくやるのが、Caps LockとCtrlの入れ替え。
これは必須だと思う。

さらに、ここ数年、日本語入力が親指シフトにしているので、この環境を整える必要がある。
2in1についてきたキーボードが、英語キーボードなので、変換キーがない。
親指シフトは濁音の一部を右の親指で変換キーを押しながら入力するので、このキーがないととても不便だ。

ふつうは、スペースの右側にあるaltキーで代用する。
が、親指シフト入力に使用しているdvorakjというツール、右のaltをうまく認識してくれなくて、設定が進まなかかった。
設定ファイルの書き方かなあとも思い、いろいろやってみたのだが、だめ。

そこで、「dvorakjがaltを変換キーと思ってくれればいい」ことに気付いた。
そんなことをできるソフトは?と探してみると、Change Keyというツールがあった。

changekey-numlock-thumb-450x306-15862

(出所: 「キーボードに無いキーを付けたり入替えや無効にする方法 – BTOパソコン.jp」、http://bto-pc.jp/btopc-com/repair/change-key-reg-scancode.html)

これ、あまり有名ではない気がするけれど、画面を見ながらキーを置きかえていけるので、とても楽。
レジストリを書き換える方法もあるみたいだけど、それよりもはるかに楽なので、こちらをおすすめしたい。
windows10でも問題なく動く

というわけで、これからはChange KeyでCaps LockとCtrlの入れ替えなどをおこない、dvorakjで親指シフト環境を整えるという流れがよさそう。

あとは、LaTeXいれたり、Rやpythonいれたりすれば、もう不満なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です