文書作成効率化の今後の予定(自分用メモ)

さきほどは、タイトルと本文をクリップボード経由で渡したのですが、メール経由でやれればいいのかもと思っています。
出先で、タイトルと本文を書いて、メールすれば、Wordファイルを生成して、クラウドにあげておいてくれる。

そして、(いないけど)秘書さんがプリントアウトして、押印して提出しておいてくれる。

これなら、スマホで文書つくってしまったりできます。

秘書さんがいてもいなくても、下書きをスマホで作れたらいろいろ楽です。

文書の清書は機密文書でなければ外注できると思う。
清書どころか、だいたい必要事項のメモから事務文書の作成をやってくれる人はいるはず。
でも、その前に自動化できる部分もかなりありそうだ。

ちなみに、僕の場合、誤字脱字を見落とすことが多くて、再提出とか言われることも多いので、ここを誰かに見てもらえたりすれば、とてもありがたい。

正直、普通の事務文書では、表現にこだわるつもりもなくて、研究と教育にもっと時間を割きたい。

そういう意味では、こういうシステムを構築して、校正を自動で発注するようにしてしまえば、人に仕事を頼みやすくもなる気がする。

今の野望はこんなフローを構築すること

  1. 文書を出先でメモして作成
  2. メールで送ると、Wordファイルを生成
  3. ファイルの生成を検知して、校正者に送る
  4. 返ってきたものを検知して、自動で印刷
  5. 出勤して押印して提出

ファイルを検知する部分はクラウドの特定のフォルダに追加するようにして、IFTTT使えばできますね。

発注もFTTTでできるか。

印刷はどうなんだろう。
特定のフォルダにあるファイルを勝手に印刷とかできるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です