日本語の入力方法をAZIKに変えました

ふと思い立って、長年使ってきた親指シフトをやめることにしました。
今度はAZIKという方式を使うことにしました。
よく使う母音の連続と撥音が簡単に入力できるようになっていて、キーを打つ回数が減ることに加えて、手首がとても楽です。

AZIKはローマ字入力をベースにしたものなので、ローマ字になれている人なら、一時間もあれば効果を実感できるはずです。
そして、ほとんどローマ字なので、ローマ字入力との間を行き来してもそこまでストレスなさそうです。
僕はそこまでキーボードを打つ方ではないかもしれませんが、腱鞘炎なのか、少しキーボードを打っていると手首が疲れてきます。
それで、より効率のいい日本語入力方式を求めてさまよっています。

親指シフトはとても良かったのですが、あまりにも異質なので、他のキーボードが全く打てなくなってしまうのが悩みです。
iPadのソフトキーボードとか無理ですし、人のPC借りるのも一苦労です。
おまけに家と職場、授業での持ち運び用、ゼミ室など、いろいろPCを使い分けているので、全てに設定も大変です。

そんなときに昨日、ふと見つけたのが、AZIKでした。
で、早速設定して、資料作成のさいに試してみたところ、キーを打つ数はそこまで減らないと思うのですが、なぜかとても楽なのです。
例えば、「効率のいい日本語入力方式を求めてさまよっています。」を入力してみます。
kpritunoiinihlgonghryokuhlsikiwomotometesamayo;teimasu.
kouritunoiinihongonyuuryokuhousikiwomotometesamayotteimasu.
例えば、kouがkpになっています。「おう」という音は、oの右のpで入力します。honはoの下のlを使ってhlになります。
また、「っ」は;キーで入力できます。これは同じキーを二回(tt)打たなくても良いようにということらしいです。

その他、「こと」「もの」などよくある音はkt、mnで入力できるよう、短縮形がいくつかあって、これも手首を楽にすることに貢献しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です