スパイスカレー

最近、仕事が忙しくてゆっくりする暇が全然なくて、なんだかいらいらしていたので、スパイスから作るチキンカレーを作ってみた。
ちょうど、朝からエアコン工事の方が自宅に来ていて、少しせわしなくて仕事に集中できなさそうだと思い、前夜にスパイスは購入しておいた。

こどもが小さいので、スパイスカレーはむりだなあと諦めていたのだが、水野仁輔さんの著書に、チリパウダーの代わりにパプリカパウダーを使うと良いというような事が書かれていた。完全に変わりになるわけではないだろうけど、入れたほうが香りは増すはずだ。

1時間強でカレーができたので、食べてみたところ、香りがとても良い。
ただ、コクはちょっとない。
というのも、本来は骨付きの鶏肉を煮込んでカレーのベースとなる出汁にする予定だった。
お湯を沸かして鶏肉を投入しようというタイミングで、相方がふらっと帰ってきて「私、今日から玄米菜食にすることにしたから」だそうだ。
それで、カレーもチキンを煮込んだ出汁のないものとなった。

スパイスから作るカレーと言うとなんだかすごい!って気もするが、実際に作ってみるとそんなに手間でもないことがわかった。
なんというか、肉じゃがにスパイスを入れたらいいのではないか?ぐらいの感覚で良い気がする。
あるいは、チキンのトマト煮込みにスパイスを加えてみるとか。。。

まあ、そんな感じで昼過ぎまでストレス解消活動の一日となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です